実行とデバッグ (Visual Studio)

コードの実行

作成した OpenSiv3D for Web のプロジェクトはすでに、ビルド、ローカルサーバの立ち上げができるように構成されています。 [|> WebAssembly Debugger ] をクリックすると、プロジェクトがビルドされ、ローカルサーバとブラウザが立ち上げられます。

SmartScreen2

デバッグ

Emscripten Debugger for Visual Studio 拡張機能のおかげで、デスクトップ向けのアプリ開発と同様に、デバッグ実行中にブレークポイントと変数ダンプが利用可能です。

ブラウザの開発ツール上でもブレークポイントを設置することができます。Chrome DWARF 支援を使って、Chrome の開発ツール上で変数ウォッチを利用することができます。 詳しくは、Debugging WebAssembly with modern tools (英語のページ)を参照してください。